白水の滝(岐阜県 高山市)

岐阜県高山市にある、白水の滝を紹介いたします。

白水の滝は焼岳の麓にある滝です、温泉成分が沢水に含有されており白濁した水と、硫黄分によるものか黄色い崖が特徴の滝です。

★アクセス
新穂高温泉の奥にある焼岳Pから出発、途中道分岐を右に行き直進すると堰堤が現れます。堰堤を越して入渓するとすぐに前衛滝です。
この滝は右岸に流れ込む白い水の沢から巻きます。白い沢は15mほどで分岐し分岐を右手の沢に進みます。右手の尾根を登れそうなところから適当に登ると、笹原に出ます、この笹原の藪漕ぎはなかなか面倒ですが、すぐに沢を見下ろすようになります。急斜面ですがササをつかんで下り沢に再入渓、これで巻きは完了、歩いて5分程度で白水の滝が登場します。
落差は50m程度でしょうか、奇妙な岸壁も相まってなかなかの滝です。
駐車場から滝まで1時間半くらいです、ザイルは必要ありません、難所は藪漕ぎくらいです。
マイナーな滝ですが訪問の価値はあります。

INTO THE UNKNOWN

滝巡り、登山、秘境巡り、ドローン空撮を中心としたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000