白滝(新潟県 糸魚川市)

糸魚川市の白滝を紹介します。
白滝は糸魚川市の鉾ケ岳と権現岳の間にある滝です。落差は約100m(正確な落差は不明)とかなり立派な滝ですが、普段はほとんど水が流れていない滝です。大雨後か雪解けに狙うのがいいです、5月1周目か2週目がベスト時期だと思います。

紹介する写真は8月の豪雨時の白滝です。
5月2周目時の白滝はレポート後に写真を載せています。
★アクセス
能生icから南下し柵口温泉方面へむかいます。

柵口温泉と集落を通り、権現岳へ向かいます。この時点で水が流れていれば白滝は見えます。
遠く離れていても見えるのでかなりの落差があることがわかります。
三角の屋根のある空家の奥の位置まで車で行き、権現岳の登山口の横にある堰堤工事用道路を進みます。工事用道路は川を横断しますが、仮設してあったであろう橋はないので徒渉することになります。
膝上程度の渡渉です。
2度3度徒渉し工事用道路を進むとやがて川を挟んで白滝の正面まできます、正直ここで十分迫力ありで満足ですが、滝壺を目指します。 
※写真は父親と叔父です。同行ありがとうございます。

川に降りて(砂防堰堤の上流側に) 滝のある支沢の右岸の斜面を適当に登ります、少し立ってますが3mくらいの斜面で木の枝を掴んで行きます。
斜面の上はアシ?ススキ?&大量のシダの原っぱで5月だとまだ小さいので問題ないですが、夏だと茂って大変でしょう。
滝の直下まで原っぱがあり、滝壺に降りられるのが崖の付け根の部分だけです。
そこはかなり浮石が多く危険です。
平場からの滝
凶暴な落差を持つ滝です。凄まじい迫力です。
完全裏見の滝です。人物と比較してその大きさが窺い知れるとおもいます。
落差100mや120mと言われる白滝です。120mはどうかわかりませんが、100m前後はありそうです。
水量豊富な白滝は日本有数の直瀑と言えるでしょう。
かなりの落差があるため、この水量でも風邪になびきます。凄まじい光景でした。

※駐車スペースの近くには井戸があり、こんこんと水が湧いています。靴洗いや泥落としが出来ます。飲めるかどうかはわかりません。
近くにある柵口の万年雪も必見です。


★融雪期の白滝
以下は同年5月の白滝です、融雪期の水量の目安になるとおもいます。


5月の動画と、大雨時の動画をのせておきます。
上の動画が雪解け、下の動画が大雨の時の動画です。携帯撮影なので動画の質に関しては悪しからず(^_^;)

瀑へ

滝巡りのブログです 試しに模様替えしたら、やり方が分からず元に戻せなくなりました。 特に、フォントの変更方法がわかりませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000