千尋の滝(三重県 大台町)

三重県大台町の千尋の滝を紹介します。
よみは'せんぴろ'だそうです。

千尋の滝は大台ヶ原山の東方にある大渓谷、大杉谷に落ちる滝です。大杉谷は大小多くの滝がありますがその中でも最大の滝がこの千尋の滝です。
宮川第二発電所から大杉谷に入った場合最初に現れる滝です、最初に一番デカイのが出てくれるのは有難いです(笑)  だいたい1.5〜2時間で千尋の滝の見える東屋まで来ます。下の写真のように対岸からでも大きさがよくわかります。
最初に見える時の千尋の滝  思わず「うわデッカッ」って呟いてしまいました。
山の頂上から流れてるように見える不思議な滝です。地形的にも谷地形が無く、山そのものが滝になったようなコンタです。

対岸からでも十分ですが、今回は滝壺へ行くのが目的です。
東屋から少し進むと大杉谷が近づきます、簡単に降りれそうなガレ場があるのでそこから大杉谷へおります。

大杉谷を徒渉するのですが、勿論濡れます。
徒渉し千尋滝のかかる沢まで戻り、沢の左岸を登ると下段滝へ着きます。 

上段滝へは沢を徒渉し右岸の樹林帯をよじ登ると着きます、テープや明確な踏み跡はないです(うっすら踏み跡ある) ここはなかなか危険と感じたので安易な気持ちで行かない方がいいです。そして何より岩が滑る!沢靴が合わないのかメチャクチャ滑りました。
(車→東屋1.5〜2時間 東屋→上段滝30分)
アクセス概略
下段滝からの景色、朝だと逆光になります。
上段の滝  噂通り、デカイ! 凄い分岐瀑 !落差は100mそこそこか(180mとされているがそんなにない)
分岐瀑の王様とされている岩屋谷雄滝にも引けを取らないんじゃないでしょうか!?
岩屋谷は行った事ないのでわかりませんが(´・Д・)(メチャクチャ行きたい)
加工しすぎて滝が紫ですが気にしないでください(ᵔᴥᵔ)笑

中々の水量でした! 三重までメチャクチャ遠いし金かかってるのでこれで水が少なかったら悲しいです。
この辺一帯の滝はデカイ滝が多いですが、常時水量は多いわけではなく、単純に雨が降らなければ水量が激減するので注意が必要です(^_^;)
大杉谷は奥にもたくさん滝がありますが、訪問日気温が36度あり、強烈な暑さで死にそうだったのでこの滝で引き返しました。
このあと大雨が降って来たので結果的に良かったです。
あと大杉谷はヒルがいるようで2.3匹付いてました、私はヒルの動きが苦手なので辛かったです(笑)
滝も凄かったですが、蒸し暑さとヒルが強く印象に残って、もう大杉谷は行きたくないです。。

INTO THE UNKNOWN

滝巡り、登山、秘境巡り、ドローン空撮を中心としたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000