小木森滝 (三重県 紀北町)

三重県の紀北町の小木森滝(おごもり たき)を紹介します。

巨瀑の宝庫である紀伊山地台高山脈の中にある滝です。素晴らしい滝が多い台高界隈ですが、小木森滝はその代表格で巨瀑中の巨瀑です。   

滝マニアからも大人気の滝で聖地と呼ばれるほどの滝です。人気の理由はその巨大さと行き易さかと思います。
アクセス方法は色々なサイトにたくさん書いてあります(^_^)v  だいたい上の地図みたいな感じです。
海山インター降りて国道を伊勢方面へ北上、往古川の橋を渡った信号を左折し山道へ、ひたすらダートを直進すると、やがて左手に堰堤が現れその少し先のスペースに駐車。
川を徒渉して堰堤の横から山に入ります、明瞭な踏跡と沢山のテープが誘導してくれます。

10年くらい前までは到底一般人には滝壺まで辿り着けない滝だったようです(林道から遠望はできる)。
しかしここ5.6年で滝まで30分ほどで行けるコースが確立されて以降、訪れる人がどっと増え踏み跡もでき、今ではお手軽滝なんて言われるまでに容易に行ける滝となりました。
落差は下段の滝と合わせて140mとされています。簡易計測した人もいるようで、その情報によると上段の落差は115m前後ということがわかっているようです。
実際圧倒的な落差で、カメラに収まりきらないほどどデカいです(^-^)


青くて美しい滝壺を持ちます。すぐ下に下段の滝が流れ落ちていますが、天気が悪いので行きませんでした。次は天気の良い時に訪れたいです。
 

瀑へ

滝巡りのブログです 試しに模様替えしたら、やり方が分からず元に戻せなくなりました。 特に、フォントの変更方法がわかりませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000