いろいろなドローン空撮②

ドローン空撮集のパート②です
ドローン買ったはいいけど、飛ばすのは大体滝のところだけ。
でもたまには他の空撮もします。
ドローンは割とどこで飛ばしてもそれなりのものが撮れます、なお修正は割と不可欠です。

★浄土ヶ浜
ちっと加工がドギツ過ぎるというか禍々しい色に、、  でも大体こんな感じの青色でなかなか綺麗でした。
海や山でのドローン撮影に際して、予想外の狩人が現れます。猛禽類はドローンを追って来たり攻撃してきます。 水平方向へ逃げると鳥の方が早いので攻撃を受けるかも知れません。鉛直方向に操作すると巻けました。

★町の空撮
これも加工がきつい。。どの街でも大体空から撮るとこんな感じになります。
適当に飛ばしてもそこそこの写真が撮れるドローンマジック

★大塚の滝
最後は滝です
大塚の滝は山梨県の滝です。鳳凰山の登山道で有名なドンドコ沢の隣の大棚沢にある滝です。
空撮で全容というか、本来の形状がわかりました。
一枚だけ加工 
 写真は全て携帯アプリで加工して、ブログもスマホから投稿なので、だいぶ質が落ちます_(┐「ε:)_
元々の画質でだと容量関係上一枚もブログに載せられません。。
周囲の崩壊地が凄まじいです、この近辺は花崗岩が岩盤の滝が多い(精進ヶ滝等)ですが、この大塚の滝周辺は崩れやすい岩です。
その崩れやすさの恩恵かかつて越えるのが大変だった前衛滝も今では簡単に登れます。

日々刻々と崩れて姿を変えるので近い将来、滝自体が崩れてくなってしまうかもしれません。
同じ山梨県内には醍醐の滝という巨大な滝がかつてあったそうですが、今では滝自体が崩壊し跡形もなくなっているそうです。この大塚の滝も同じ末路を辿りそうな気がします。
この滝はよく霧が湧きます。初めて行った時も霧で写真が撮れないほどでした。
直下から見えるのは大体この範囲
ほぼほぼ同じ写真です(´-ω-`)
この滝は下から見ると、直瀑部が6割、下の弾けてるところが4割くらいの滝に見えますが、直瀑部が7.8割を占めているのがわかりました。したがって落口から約10mくらいは下からでは見えてないということです。
真下からの写真

なんというか、線が細い滝は空撮でとっても今ひとつな印象を受けます。まぁ、レアなアングルという点だけでも撮る価値はありますが。

次は尾瀬の空撮を載せたいと思います。

INTO THE UNKNOWN

滝巡り、登山、秘境巡り、ドローン空撮を中心としたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000