大塚の滝 (山梨県 韮崎市)

山梨県西部は滝が沢山あります。名瀑も数多く、北精進ヶ滝を代表とする花崗岩の岩盤を持つ美しい滝が多いです。

今回紹介する大塚の滝は登山道としても有名なドンドコ沢の一つ隣の大棚沢にある滝です。
ドンドコ沢は南精進ヶ滝、五色滝など素晴らしい滝がある沢として広く知られていますが、大塚の滝に関してはほぼ無名といってもいいでしょう。
しかし中々大きな滝で特に危険もなくたどり着けます、名瀑です。

この滝は1年間で2回訪問しましたが、午前中は濃い霧が湧くので、午後に到着するようにスタートすると良いと思います。

★アクセス
ドンドコ沢登山道の玄関口となる青木鉱泉(現在閉鎖中)方面へ向かい、青木鉱泉との分岐を直進し続けるとやがて通行止めのゲートに行き着きます。
ゲート前に2台程度車を停められます

林道を進むとすぐに分岐があり、直進すると大棚沢方面になります。
奥に緑の太い鋼材でできた砂防堰堤が見えてきます。
この堰堤は中をくぐり抜けられます。
最初の緑の堰堤 中をくぐる
その後も堰堤が数基現れますが、いずれも明瞭な踏み跡があり、巻くことができます。
途中かなり大規模なザレを通過します、
落石には注意しました。
このザレは史上最も足を持ってかれました。歩くたびにガラガラと崩れて難儀しました
沢歩きと踏み跡を辿り時間半ほどで滝が見えてきます。
前衛滝は左岸の草が生えたところから簡単に巻けます。
堂々たる姿の大塚の滝です、滝壺は落石で埋まり全く無いです。 

余談①
滝壺というのは結構難しいです。落差と滝壺の有無は負の相関があるように思えます、大きな滝は大体滝壺が無いです。
水量と周囲岩盤の強度が大事になると思います、三条の滝、小木森滝は落差も大きく滝壺もデカイです。

さて大塚の滝、見えてる部分で落差は50mくらいでしょうか、かなり大きな滝です。実は下からでは見えない部分に10m前後ある事がドローン撮影で分かっているので実際の落差は60m前後だと思われます。
この滝は脆い岩盤のようで、周囲の谷が絶えず崩壊しています、いつ石が落ちてくるかわからないので落ち着かない空間です。。
左岸のガレを少し登ってみました。
力強く、猛々しい姿の大塚の滝です

余談②
大塚の滝という名称は本来の名ではなく、大塚さんという方がこの滝を広めたことからその名が付いたとかなんとか、、
大棚沢大滝と呼ぶ人もいるみたいです
ちなみに私が滝を見つけたら、「滝ペー大滝」にしますね。小さくても'大滝'は付けたいです。
訪問時は曇りでしたが、晴れた日に訪れたい滝です。
まっすぐ落ちてきた水が岩にあたり弾ける姿は大迫力
真下から見ると水が岩から飛び出したかのように見えます。
この角度からが一番カッコ良いと感じます。
ビッチョリ濡れるうえハングした岩がいつ崩れるかわからないので少しビクビクしますが。

復路は1時間で駐車場まで戻れました。
大塚の滝ありがとうございました。

INTO THE UNKNOWN

滝巡り、登山、秘境巡り、ドローン空撮を中心としたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000