津室沢大滝 (群馬県 沼田市)

5/19
円覚の滝に続いて津室沢大滝へ訪瀑

泙川は先程の栗原川の隣を流れる川で、途中に泙川不動滝というちょっとした観光の滝がある。
その上流域の支渓である津室沢には、美しき滝がひっそりと流れ落ちているという。

滝マニアの間では割と有名な滝らしく、ネットで調べると結構多くの記録が出てきた。
簡単なんだろうな、と思いよく調べずに向かった。
まずは泙川沿いの林道をゲートの前まで車で走らせる。
ところどころに落石があるが、概ね良い感じの舗装路
ゲートの前の路肩には数台停めれる。
2台先客がいた。
途中釣り師に何回かあったので彼らのだろう、滝目的の人はほとんど居ないと思われる。。
トンネルを2つ潜る、2つ目の素掘りのボロいトンネルを越えたら右手の沢に降りて泙川との合流まで下る。
合流手前に現れる堰堤は右岸越え
泙川本流にあたり、少し遡行すると右手から小さな沢が入る。これが津室沢に違いない。
津室沢は少し奥に10m超えのF1滝を含むゴルジュがあるので、右岸から巻く。
巻道もそれとなく踏まれている。

※この日私はトレッキングシューズ。この津室沢はとってもヌルヌル滑り、本当にやばかった。訪れる方はくれぐれも沢靴or沢たびで

右岸の尾根を巻いて行くと、トラロープを発見。ここでトラロープ沿いに右手方向へトラバース。
一見楽そうな感じだが、、とっても下までよく見え怖い!!
落ちたら終わりだと思うと足が震える
トラロープが全部にあるわけではなく、ところどころただの針金だったりで、おい針金かよー、そりゃねーよ、と思いつつ頑張る
すぐに降りになり、フィックスロープを発見
私は30mを持参していたのでそれで懸垂した。
30mでちょい余る感じだった。ここもフィックスロープだけで行く人は度胸あるなーと思う。
フィックスロープは30mの内、15mくらい。

着地地点から下流側
あの辺からF1が落ちるのかな
ヌルヌルしていたので行くのはやめた
この滝で沢のヌルヌル感は最高潮に、5mくらいの滝だが、沢靴なら朝飯前 トレッキングシューズだと地獄と化す。ヌルッヌルルッヌルヌルルッと滑る。
左岸側の階段状のところを登ったが、微妙に傾斜がついていてヌルる。
裸足で行ってやろうかと思った。

‥滝巡りの靴は極論ほぼほぼラバーソールの沢靴でいいと思った。
出合から30分くらいでなんとか着いた。
トータルでは2時間くらいかかり、時計を見ると14時前。
滝は影の中だった

津室沢大滝は2段の美瀑。
うん、美しい!! ...
たまにはこういう猛々しさとは対極の滝もあり
なんだろ、、上手く撮れない。
正直言って、陰の中での撮影や明暗差が強い時、どうすればいいのかよくわからない^ ^..

多分HDRなんでしょうね
RAWでも保存してるから、そのうち1枚から疑似HDRで現像しようと思いました
ノッペリと扁平な写真ばかり

ブログの写真は全てGooglephotoにいれて適当に抜粋したものを使ってるからかな

Google photoは無制限に画像を保存できとっても便利だが、かなり解像度は低く保存される。
環境が整ったらこのブログは消して、しっかり現像した写真を使ったサイトを作ります
滝の撮影は難しい。。

INTO THE UNKNOWN

滝巡り、登山、秘境巡り、ドローン空撮を中心としたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000