四ノ川 奈良県 下北山村

7月頭の豪雨災害の応援で、愛媛に暫く滞在していた。

愛媛での最初の休みは四国の滝ではなく、紀伊の沢へ行く計画。

姫路でtakuさんにピックしてもらい、道の駅おくとろへ。

7/22
この日は、パンダさん、ひこさん、takuさん、江戸切子さんというコテコテの面々で 美しきゴルジュと滝のある四ノ川(シノゴウ)へ赴いた。
道の駅おくとろで合流して挨拶。
ほど近くにある四ノ川沿いの林道を上流へ車を走らせる
舗装はされているが、落石が凄まじい
終点に車をとめ、お地蔵さんにこの日の安全をお祈りしたらシノゴウへ下る
沢へ入るとすぐに綺麗な淵
水温は少し冷たかった
すぐに5mほどの綺麗な滝
やはり大峰の沢水は次元が違うほどに澄んでいる。

左のU字の形をよじ登る
泳いで登っての連続
私は本格的?な沢登りは未経験だったのでとても新鮮な感覚だった。
ひこさんは身のこなしが違かった。
この二股は左へ
この辺りでイノシシが死んでいた。
使い古した防水カメラで撮っているが、最近すごく調子悪い
距離的には短い沢だが、そのだいたいが見どころだった
いつか時間に追われず、一つ一つカメラを出しながら遡行してみたい
江戸切子さんが特攻
ひこさんのファイト
パンダさんも続く
ぎゅっと狭まった美しい淵が現れた
ここは青さが際立ち、そしてとても深い

帰りにこの淵で眼鏡を落としてしまったが、パンダさんが見つけ出してくれて事なきを得た
もちろん泳ぐ
正直、水量はめっちゃ少ない
ゾロゾロと歩いて行く
この奥に、美しい滝が現れる
最初のハイライトは20m級の超美瀑
かつては壺に一切の石礫がなかったというが、現在は多少堆積が見られた。
※この滝の写真は順次追記します
江戸切子さんが左に取り付くが、正解は右からの巻き。
そして迷う。
高く巻きすぎたのか、滝を越したであろう地点にあったルンゼから下降を試みる
最後15m.10mの程度の棚になっていた。
takuさんは木を伝ってクライムダウン。これはtakuさんだからなせる技
4人は懸垂で下ることにする
沢に復帰した
青いというより、蒼い!
ここでパンダさんが必死に江戸切子さんに左ー!左からだってば!と言っていたシーンがとても面白かった。
他のメンバーは滝を直登する
その奥にはいよいよゴルジュの核心部
5mクラスの滝があり、その右にあるチムニー状を登るのだが。ロープがかけられており容易に登れた。
どんどん続く。
いよいよ最期のハイライトが姿を現わす
45〜50m級の大滝
その姿形はとても猛々しいのたが、、
私の未熟な腕ではその明暗差に太刀打ちできなかった。
周囲を壁に囲まれた圧倒的な地形。
凄まじい地形
頭の処理が追いつかない
帰りは美瀑をそのまま懸垂で下る
最初は戸惑ったが、降った見ると意外とイケてむしろ面白い。 懸垂下降は慣れると面白い⁉︎
江戸切子さんは懸垂のフォームがとても綺麗だと思う(笑)
私自身、沢登りといえる活動は初めてであり、泳ぎや大きな滝の懸垂など初めてのことだらけだったがこの活動で目覚めたというか、新たな大きな発見があった気がする。

滝だけを目的とした活動でなく、滝へ至るまでの道程も楽しむ。これが紀伊半島の滝巡りなんだなーと。

パンダさん、ひこさん、takuさん、江戸切子さんありがとうこざいましたm(__)m

瀑へ

日本の美しい渓谷景色に心酔してしまい、いろいろなところを旅しています。 特に「滝」を心から愛してやみません。

0コメント

  • 1000 / 1000