備後川大谷 奈良県 上北山村

2018/8/17 奈良県南部の天気が上方修正されたのを見逃さず、合流させて頂くことに。

埼玉から紀伊までの弾丸運転は4回目 
いつも思うが、紀伊半島は遠すぎる 当たり前のことだが。
いつも核心は行き帰りの運転。 
そして渾身のアクセルワークで4時半に池原のスポーツ公園に着き、仮眠もろくになしに行動開始。

この日は備後川大谷という沢。
何も調べてないし、何があるのかも知らないで参加  パンダさん江戸切子さんにおんぶに抱っこでひっついていった。
備後川大谷、まず入渓地点が遠い。 
ハンドルワーク上達の池原ダム沿い425を尾鷲方面へ
直った備後橋は渡らず、林道を備後川沿いに行く。
途中ナル谷大滝を木々の間から見つつ、どんどん林道を奥へ走らす。
橋から見下ろした大谷はゴォゴォと豊富な水量が流れていた。
橋横から入渓。
谷は、暗い水冷たいでこれはなかなかキツそうだ!と内心思った
割とすぐ、大きめの淵があり いきなし泳いだ。
冷てぇー!と悶えながら進むとまたまたどデカイ淵が  
50mの淵  ここは長い泳ぎで突破。 
微妙に流れが強くて進めなかったりだった。
…ひとえに泳ぎといってもかなり奥が深いもので、さまざまな泳法、ビレイ技術、ホワイトウォーターでの流れの見極めなどその技術は多岐にわたるようだ。
最初二俣、左だったかな
でっかいプールみたいな壺のある7〜8mの滝。
左を直登 このレベルでも私の場合サクッとは行けなかった。
しかし、江戸切子さんはとにかく迷いがなく、スタスタと登る。かといって慎重さに欠いているわけでなく、最も容易なコースとりを見抜く眼を持っていたり… 
下にいるパンダさんと比較すると壺のデカさがわかる
プール滝を超えてすぐの、s字的な滝
ここもデカイ壺がある。
ここを超えるのが、水量が少ない場合は泳ぎ→直登できるようだが、今回は難しくて 左岸の崖に走る平地を目指す。
初めてみる、崖の登り
パンダさんがハーケンで固定しロープを出して、江戸切子さんがどんどん登る。
数mおきにランニングをとって
感動。
滝屋という領域をはみ出した活動の中にいることを再認識。 
感動
私は、マイクロつけて2番手行ったけど、途中苔しかない部分は江戸切子さん、どうやってのぼったのか、、
沢ヤ?
そのまま、幹を掴みながら平らなとこを進むと滝の真上へ出た。
ここで、ロープのまとめを手伝わないでそのまま行ってしまったことを反省した。
s滝の上
ここはカメラ出しても良かった美しさだった。
そこから先も
滝、滝、滝、滝!!
左俣への一歩目
パンダさんの若々しさは異常だ。
腕の太さも、やばいって
左俣へ入ってからは、大きな滝の連続で
最初に現れるのは、4段70m級の最下段
その前に8mトイ状  
ここは木々が多い被さる下にゴツゴツの岩があり、美しい地形だった。
トイ状を超えた
多段大滝の最下段 30m
見応え有りッ!
なかなかの明暗差で、チーン
大滝下段の30mは左の壁から登る。
一段登ったところでバンドを斜上するところが悪いと判断して、再び江戸切子さんがリードしていく。
これは沢ヤ
登りきった上では、アンカードビレイというシステムで上から後続を確保するというものらしい。
沢ヤ
最下段の落口へ
2段目はシャワー。
メガネを投げて突破
メガネは全行程で邪魔なことが多い
上の様子
最後の段は滝横左岸の岩を登る
綺麗な20m滝
明暗差でチーン
右を普通に登る。
ロープ掴んで登ったのは私だけ。
ここを超えるといよいよこの谷一番の滝

40m大滝は完全に影の中だった。
普段は水がないこともあるくらいだそうだが、今回は左からも流れてピース✌️的な流れ
立派な流れ 滝壺も特徴的であった。
右からの巻は少し大変だった
また滝! 15mくらい
左からの巻き
15m滝の上は、連続したナメ滝が落ちる
ここでデジカメまさかの電池切れ
ナメ滝の後は、左からの沢を詰めてP884をめざし尾根へ出た。
尾根では鹿柵の外側へ出てしまうという珍事があったが、なんとか林道へ抜けれた。

帰りの林道歩きも、滝の話をしてとても短く感じ、日が沈む前に車へ到着
備後川大谷では沢山のことを学べ、素晴らしい活動となった。
パンダさん江戸切子さんどうもありがとうございました!

瀑へ

滝巡りのブログです 試しに模様替えしたら、やり方が分からず元に戻せなくなりました。 特に、フォントの変更方法がわかりませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000