安蘇沢 カラ沢の滝 栃木県 日光市

18.9.9 
秋田の大物再訪の予定は荒天予報で転進を余儀なくされた。
そこで代替案として、私が気になりまくりだった、足尾 九蔵川 安蘇沢(カラ沢)に決定した。
前日から降り続いた雨は止んだが、天気がなり悪い銅親水公園

江戸切子さん、tkoさんと相談して
カラ沢詰め→社山→下山の予定から
滝までのピストンで合意
午後に別の滝を見に行こうとなった。
林道歩き 足尾の山はすでに紅葉気味だった
入渓地点に到着した
現れる堰堤は全て左から越した
一つ目の堰堤の上はちょっとした綺麗な池になっていて、魚が泳いでいた。
きっとイワナとかヤマメとかの類だと思う。
堰堤が終わると、そこからは沢の中を歩く

もやが半端なくなり始め、滝は見えるのか
かなりの不安が募る

目指す滝の前衛の滝を秒速で登ってしまった江戸切子さん。
tkoさんと私は拍手した。

雨混じりのモヤの中たどり着いた滝。
狭いゴルジュの中を2つの滝がかかる非常に珍しい光景
手前の滝は15mほど、水量は比較的安定している様子

そして奥に見えるチムニー大滝へと迫る。
おっ、これは!すごい
思わず叫んでしまった、個人的にはドストライクの滝
幅1mすこしの狭い隙間を勢いよく流れる
その落差は少なく見積もっても30mは有ると推定できる
あいにく、上部は完全にモヤで霞んでしまった。
面白かったのが、この滝、かなり個性的で好みも大きく別れると思われるが、3人ともストライクのようだった。

威圧的、閉鎖的な空間、大好物である
び、、びみょうな写真ばかりだ。。
くそう
モヤが良くなる気配がないので下山します

いや素晴らしい滝でした、必ず再訪したいと思います

昼前に親水公園に戻ってきたので、群馬県みどり市の小中大滝に行ってみることにしました



瀑へ

日本の美しい渓谷景色に心酔してしまい、いろいろなところを旅しています。 特に「滝」を心から愛してやみません。

0コメント

  • 1000 / 1000