碧岩 群馬県 南牧村

11/4
最近、ご無沙汰だった南牧村へ
碧岩と言う、標高1100m程度の低山へ登山に出かけた
熊倉集落の手前にある、三段の滝の駐車場からスタート 

寂しい水量の沢沿いを歩く
三段の滝が現れて、左岸にある登山道を歩く。
唯一、映えなのは中段
全く迫力のない滝景色だが、ツーッ…という岩盤を伝う水の音色を聴いていると、葉が散る音だったり鳥の声が聞こえてなかなかリラックスできた。
途中から若干不明瞭な道になるが、概してしっかりした登山道だった。
碧岩と大岩の分岐点、先行の登山者が大岩に向かったので、碧岩に先に行くことにした。
尾根を進むと、デカイ壁にあたる。
登山道は左へ逸れ、下るように続くが、正解は壁の右横、ここは分かりづらいと思った。
最初のロープ場
2つ目のロープ場
ロープを握ってごぼう登り
うまく写真になってないが、キンタマが割と縮んだ。
葉っぱが落ちて、よく見えるから尚更に高さが怖かった。
碧岩の頂、セルフで自撮りした。
ピースしてみたが、少し悲しい気持ちになった。
赤い葉っぱがたくさんあった
戻って、大岩方面へ
途中のピークから碧岩がよく見える
いい天気で感動した
南牧村の低山地帯にピョコっと出る碧岩
イカす山容に思わずカッケェっと呟く

碧岩はその山容から、西上州のマッターホルンとも呼ばれる
紅葉は若干遅かったかなー?
という感じ
さて、手前ピークから、大岩へ向かいます。
岩が少しあります
なかなか怖いっ!って思った所
岩沿いの道幅50cmで、左側は300mくらいの崖。
嫌だった。
すごく嫌だったが、平らな道なので大丈夫
僕は斜めになってたり、足場が悪い斜面が大嫌いで、恐怖症でもある。

トラバースが苦手という滝マニアにとって致命的な欠点があるが、皆様の手助けがあって色々な滝に行けてます。
こんな感じでコブみたいに岩が続く。
大岩からの展望は、手前のピークと殆ど変わらない。
山頂でよくこの辺の山に来るという人と立ち話をして、下山した。
下山して、線ヶ滝へ寄った。
というのも、滝が目的ではなくて
気になっていたのは滝の前のゴルジュ
10年くらい前に来た時に強烈に印象に残っていたそのゴルジュ、再度来て見たが、やはり凄い。
長さは100mに満たない区間だがその狭さは水路部で1mくらいかも。
橋の袖から降りて、反対側から見てもやはり凄い。
これはなかなか凄いゴルジュでしょ!
奥に5.6mの滝がある
デニムにスニーカーだったから、奥まで行かなかったが、夏ならもう少し攻め込めたかも。
この滝は、遠目に見ても、僕が登るのはまず不可能だろう

このゴルジュの全体像を知るには、線ヶ滝の前から下降するほかなさそうだ。
なんとなく、この滝の上にあと2,3滝があってすぐに線ヶ滝に至るような気がする。
あぁ、ゴルジュへの想いも募るばかり。。

なんだかまとまらない投稿になってしまったが、滝に縛られず 美しい里山風景や気軽に立ち寄れる面白い所見て回るのは楽しいということ。

瀑へ

日本の美しい渓谷景色に心酔してしまい、いろいろなところを旅しています。 特に「滝」を心から愛してやみません。

0コメント

  • 1000 / 1000