一の滝(楮根の大滝) 山梨県 南部町

18.11.11 ポッキーの日

ヒルの支配下にある南アルプス前衛の篠井山。
その中腹にある巨瀑の存在は、知られてはいるが、滝の真下からの姿を捉えたものは数少ない。
気になる滝として頭の片隅にあったが、縁あって訪れることができた。


今回は、江戸切子さん仲介で滝人collectionのBALさんと念願の滝巡りが叶った。
道の駅とみざわ でBALさんと待ち合わせ
微妙な道を進むと、行き止まりにこんなのが。
そう、実は一の滝 離れたところから見渡せる観瀑台が整備されている
そこまでは遊歩道があるのだ
この遊歩道の存在すらほぼ知られていないのかも。
この滝は地形図にも乗っておらず、滝のある位置は水線すら描かれていない
道は右岸から始まるが、護岸をそのまま進むのではなく、すぐに左岸に渡渉する。
これがわからずに少しロスした。
しばらく登山道を歩くと、ひらけた所から、山の中腹にドデカイ三段の滝が見えた。
これが、一の滝
ここから見える、真ん中が主瀑だろうと踏んだ。
少し戻り、痩せ尾根から沢に下る
沢景色は気持ちよくはない…(笑)
倒木、蜘蛛の巣、雑草とか藪っぽい
二俣は2回あり、どちらも右
かなり深い壺がある小滝が現れた
右のヌルヌルの草が生えた崖から登ったが、残念ながら僕は滑って登れずにBALさんがロープを出してくれ、引っ張って登った。
助かりましタァ(*_*)!!!
小滝がいくつか出てきた。
いずれも巻けた
ひょっこり現れた、15m級の滝
なかなか良い形をしているが、なんというか、どう撮って良いのかわからなかった(笑)
左手のガレを登り、壁が切れる所から巻くと容易だった。奥にはそれそれは巨大な滝が見えた!
木々の合間から見え、段々に落ちるさまは、蓮の布引滝を彷彿させる。

秋の台風の後とかすごいかもしれない!とBALさんと話していた。

とにかくヒルめいた時期はごめんです。

天気は晴れてはいるが、雲がひっきりなしに流れて陰ったり、何だりでいい条件ではなかった
陽が射すと紅葉が一気に映えるが、滝身に陽が当たることはなかった。
下から2段目へ
これこそが主瀑であり、落差は40m程度だろうか
滝の裏に豊かな植生が繁茂している  

遠望地から見えたしたから3段目の滝へ向かう
かなり悪い斜面をBALさんの手助けを借りて、降りていくと、30mあるかないかの滝前に出た。
遠望地ではこの滝が主瀑に見えたが、どうやら2つ目の滝がそのようだ。
この上にも連なるが、ここまでにして下山した。
思いのほか重厚な活動になり、BALさんからは悪い斜面の足の置き方など色々教えていただいた。 滝めぐりの大先輩と活動ができて本当にいい経験ができました、BALさんありがとうございます
続いて、雨畑川支流、吉沢の大滝へ向う

瀑へ

日本の美しい渓谷景色に心酔してしまい、いろいろなところを旅しています。 特に「滝」を心から愛してやみません。

0コメント

  • 1000 / 1000